バセドウ病と放射能の関係について。

東日本大震災で福島原発の事故が起こり、その後の放射能の影響が怖いですね。放射能を受けると甲状腺ガンや白血病になる!などと言われているため恐怖感たっぷりです。

 

バセドウ病の場合は、普通の人よりも甲状腺ガンになりやすいのでしょうか?!ただでさえ病気なのにこれ以上しんどい思いをするのは嫌だし不安になりますよね。

 

先日TVで女優の秋野暢子さんが、こんなことを言っていました。

 

秋野さんは、甲状腺に病気を抱えているため医師に相談したところ、「甲状腺疾患の患者は普通の人よりも放射能の影響を受けにくい」と言われたというエピソードを話していました。それを聞いた、その場にいた医師(TV出演者)も「その通りです」と同意していました。

 

簡単に言うと、甲状腺疾患の場合、すでに病気で甲状腺が満たされていて、その中に放射線が入ってしまう余地がない。

 

そのような内容でした。専門家ではないので正しい説明ではないかもしれないですが、甲状腺疾患だからと言って過剰に対策しなくてもいいようです。

 

ただ私は怖いので水道水は飲まず、ウォーターサーバーを使用しています。

 

雨の日に放射能の数値が上がっていないかビクビクしながら水道水を利用して食事を作ったり、お茶を沸かしたりするのは苦痛です。

 

水は生活に切っても切り離せないものですし、いつもビクビクして生活するのは嫌なのでウォーターサーバーを利用して正解でした!!

 

 

 

 

東日本大震災でお亡くなりになった方のご冥福を祈ります。そして被害を受けられた方が1日も早く安心して生活できるよう心よりお祈りしております。

 




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る