甲状腺機能低下症になりメルカゾールをやめることに

【2015年3月】

 

すっかり数値が下がり、気づけば甲状腺機能低下症になっていました。だるい、キツイ、疲れが取れない。

 

寝ても寝ても体がだるい。
体が重〜い(涙)

 

あと少しでメルカゾールを飲むのをやめられるところで停滞していましたが、さすがに体がきつくてギブアップ。

 

もうこれ以上メルカゾールを飲みたくない。耐えられる限界を超えていました。

 

だってメルカゾールを飲むと猛烈に体が重いんです((+_+))

 

そこで医師に相談してメルカゾールを断薬しました。一時的に飲むのをやめて様子を見ようという作戦です。

 

飲むのをやめると半年ぐらいで数値が戻ってしまう人が多いそうです。以前の私もその一人でした。

 

だから今回はドキドキ。だけど今までにない体のだるさで、甲状腺機能低下症ってほんとに体がきついんだって思い知りました。

 

もうあんな思いはしたくないです。

 

それでメルカゾールを飲むのを止めたら、やっぱり体が楽になりました。どーなったらこんなに体が重くてだるくなるの???っていうような異常な疲れがなくなりました。

 

その後の経過観察で血液検査もしましたが今のところは大丈夫。数値がもどってくるような状態にもならずに安定しています。

 

できればもうこのままメルカゾールを止められたらいいな。バセドウ病になってから12〜13年ぐらいたつと思うんですけど今頃効いてきたなんて。

 

もう一生治ることはないと思っていたのでびっくり。こんなことってあるんですね。

 

諦めないでよかった。というか諦めてたのに棚ボタのように治ってきました。

 

どうかこのまま完治して普通の生活を過ごせるようになりますように(*´ω`*)




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る