バセドウ病とストレスの関係

【2011年4月某日】

 

ついにこの日が来てしまいました。長い間順調に落ち着いていた数値が跳ね上がってしまいました。

 

原因はわかりません。

 

私はタバコも吸わないし、特に不摂生をしていたわけでもないのです。それなのに検査結果の数値が今までの2倍以上の数値に跳ね上がってしまいました。

 

変わったことと言えば、2011年3月11日に起きた東日本大震災。あの震災以降、いろんなことで生活のリズムが崩れてしまいました。食べ物やお水にまで放射能が検出されて、「何が安全なのかわからない」そういう不安が心の中にいつもありました。

 

東日本大震災後1−2週間ほどは電車が間引き運転していたせいで、通勤の電車はいつも超満員、待っても待っても来ない電車と、来ても乗れない満員電車にイライラしたり。

 

節電でオフィスは薄暗く、どんより暗いオフィスの中でパソコンをカタカタ打ち続けていた私はすっかり目が悪くなってしまいました。

 

そんな中、職場では人間関係がドロドロ・・・泥沼状態が悪化。悪環境の中で働くのも限界を感じるほどストレスまみれになっていました。

 

でも今の時代仕事を簡単に辞めるわけにはいきません。仕事を辞めれば、収入が途絶えれば生活できなくなってしまいます。

 

震災で被災した人たちのことを考えると、仕事があるだけ有り難いと思います。こんな時代に働く場所があって、定収入のあることは幸せです。

 

そんなことを考えつつ、ストレスにどっぷり浸かりながら来る日も来る日も仕事をしていたら、知らぬ間にバセドウ病の数値が2倍以上に跳ね上がっていました。

 

恐るべしストレス!!

 

ちなみに今回の数値アップに関しては放射能の影響は無い!とのことでした。プロパジールは2錠から4錠に増やされました。

 

 

再検査は1ヵ月後です。
数値が下がってくれるといいのですが・・・・・汗




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る