甲状腺中毒性周期性四肢麻痺と診断を受けて

【2013年4月】

 

前回、「低カリウム性周期性四肢麻痺」になってしまったとお伝えしたのですが、私の症状は、「甲状腺中毒性周期性四肢麻痺」というものにも該当するようです。

 

甲状腺中毒性周期性四肢麻痺は朝起きた時に足が動かなくなります。(人によっては手足の両方がしびれて動きづらくなる)

 

私も毎朝、足がしびれて動きにくい状態が続いています。毎朝つらいです(涙)

 

主治医が言うには、甲状腺の数値が正常に戻れば、もしくは安定すれば症状はなくなるそうです。なので精神的には少し落ち着きました。

 

前回、カリウム剤のスローケーを処方されて飲んでいますが、どうやら効いてきたみたいです。

 

少しづつですが足の痛みが軽減されてきました。朝は足が動きにくいですが、前よりマシになった感じがあります。

 

頭を悩ませていた低血糖症状も少しよくなってきました。

 

できれば一挙に治ってほしいけど、そんなに簡単には治らないみたいです。早く普通の生活を送れるようになりたいな。

 

気づけばバセドウ病になってからもう11年くらい経っています。11年もたってもまだ治らない・・・(>人<;)

 

ところで調剤薬局で処方されたメルカゾールのパッケージの色が変わりました。これで3回目(3色目)!!

 

バセドウ病の薬・メルカゾール

 

11年も治療を受けていれば薬のパッケージもリニューアルぐらいするものなんでしょうけど。

 

最初はゴールドだった気がするメルカゾール。新しいメルカゾールは黄色!?

 

金色⇒ピンク⇒黄色 に変化しました。

 

中身は何も変化がなくて同じメルカゾールだそうです。

 

新旧のメルカゾール

 

違いがあるとすれば裏側です。

 

メルカゾールの裏側の注意事項

 

メルカゾールの副作用の 無顆粒球症や、肝機能障害に注意をするよう、「発熱、のどの痛み、全身のだるさ等があらわれた際は、すぐ主治医へ連絡してください。」と大きく書かれてます。

 

注意を促す言葉が書かれているのはいいことなのかもしれないですけど。何かあったのかもしれないですね。

 

次にメルカゾールのパッケージが変わる頃には完治していて欲しいな〜☆




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る