どうやら本当にバセドウ病が治った!!

【2015年9月】

 

メルカゾールの服用を止めてから半年、今は、とても安定した状態になっています。

 

バセドウ病の数値はとても良い状態で、正常です。甲状腺機能低下症にもなっていません。

 

再発する人は、投薬を止めてから半年くらいで数値に変化が出てくるそうなので、私の場合は極めて健康的な状況で今のところ何も問題がないそうです。

 

一時はアイソトープなどの手術を受けることも考えなくてはいけないほどだったのに。医師からも完治は難しいと言われていたのに。

 

治るなんて、こんな日が来るなんてまるで夢のようです。

 

ただ突然数値が乱れる人もいるそうなので、これからは半年に1度、検診を兼ねて検査を受ければいいそうです。

甲状腺機能亢進症になるには理由がある

この10年以上もの間、闘病生活を続けていて、いろんな本を読んだり、情報を探して勉強しました。

 

いろいろ知るうちに、甲状腺が異常を起こす原因が、なんとなく私なりに理解できました。

 

なのでこれからは、そういったこともお伝えしていけたらいいなと考えています。

 

日本の先生は、甲状腺の原因と言うと、ヨードとか、原因不明とかいう方が多いと思いますが、海外の医師が書いた本などを読むと、もっともっと深い原因について書かれていました。

 

こういう情報は、もっと早く知りたかった。

 

もっと早くこういう真実が書かれている本に出合えればよかったと思います。

 

そうすれば私の苦しみも少なかったのかな〜?

 

その本を知りたい!
さっさと教えて!

 

という方は、こちらをどうぞ。

 

 

 

 

2冊とも、甲状腺の異常についてと、どちらかというと甲状腺機能低下症について書かれている項目があります。バセドウ病の方にも参考になります。

バセドウを治すためすること

  • 自律神経を整える
  • ホルモンバランスを整える(女性ホルモン+副腎ホルモン)
  • ストレスを溜めない(副腎が疲労してしまう)

 

簡単に書くとこんな感じです。

 

文字にすると簡単だけど、これを全部やってのけられる人は、たぶん甲状腺の病気にはならないかもしれませんね(;^ω^)

 

文章で読むと当たり前のことですが、現代人ならみんな自律神経もホルモンバランスも乱れていて、ストレスも溜まりまくっているはずです。

 

これらがパーフェクトに健康な状態でハツラツと生きてる人なんていないんじゃないでしょうか???

 

自分では平気だと考えていても、本人が気づかぬうちに体や心がダメージを受けている、もしくは受け続けている。ということもあるそうですよ。

 

怖いですよね。

ストレスとホルモンバランスが鍵!

ストレスと聞くと、人間関係や仕事のストレスと思い浮かべてしまいがちですが、実はそれだけではないそうです。

 

たとえば昨日まで暖かかったのに今朝起きたら急に寒くなっていたとか、毎日寒くて体がこわばるとか、毎日暑くて体がダルイということでもストレスは溜まるそうです。

 

肩が凝る、腰が痛い、膝が痛い、背中が痛いということでも体がストレスを受けてしまいます。

 

夜更かしのし過ぎで睡眠不足になってもストレスは蓄積していきます。

 

傷がなかなか治らない、ニキビがなかなか治らない、最近よく青あざができるなんて場合は心も体もダメージを受けてストレスが溜まります。

 

そう、ストレスなんて簡単に溜まってしまうんですよね。

 

ストレスが溜まる

 

 ↓ ↓ ↓

 

自律神経が乱れる

 

 ↓ ↓ ↓

 

ホルモンバランスも乱れる

 

この悪循環を断ち切ることが鍵となっていくようです。

治ってみて思うこと

10年以上という、あまりにも長い闘病生活だったため半ば諦めていました。

 

私は一生治らないんだと絶望していた時期もありました。

 

こんなに状態で残りの生涯を過ごしていかなければいけないなんて、何かの罰ゲームみたいと思っていました。

 

ここに来るまでに数えきれないほど何度も何度も泣きました。

 

泣いても悲しんでも治りません。

 

何か私が悪いことでもしたの??

 

と悲観的になったり、本当に苦しかったです。

 

それがまさか治る日が来るとは思ってもみなかったため、医師から完治と言われた時は、まるで夢を見ているかのようでした。

 

今はバセドウ病の症状はなく、とても快適に過ごしています。

 

このHPに来てくださったあなたは、もしかしたら今すごく苦しい状態に置かれているのかもしれませんが決して希望を捨てないでください。

 

私のように完治の見込みが薄いと言われていた者でさえ、10年以上もかかって治る日がやって来るケースもあります。

 

あなたが1日も早く病気を克服して健やかに過ごせるよう祈っています。

 

 

そしてこのホームページが全ての甲状腺疾患の方の改善へ向けての何かのヒントにでもなれれば管理人としてとても嬉しく思います。

 




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る