バセドウ病の数値と血中コレステロール値は連動している!!

【2011年 11月某日】

 

メルカゾールの服用に替えてからというもの、驚くほどに数値が下がりました。やっぱりバセドウ病にはメルカゾールなんだなと実感しています。

 

でも嬉しいことばかりではありません。バセドウ病の数値が下がったら、血中コレステロール値が大幅に上がりました。悪玉コレステロールとも言われているLDLコレステロールです。

 

一般的には、バセドウ病の数値が上がるとコレステロール値は下がり、バセドウ病の数値が下がるとコレステロール値は上がるそうです。

 

だけど私の場合は、バセドウ病プラス、もともとの体質でコレステロール値が高い傾向にあるんだそうです。知らなかった・・・大汗

 

コレステロール値が高い!
しかも悪玉コレステロールなんて、「メタボなオッサン」 のイメージでしかありません。

 

なんで私のコレステロール値が高いの???いつから???などと疑問にも思いつつ、医師から「栄養指導を受けないといけないね!!」と死刑宣告をされてしまいました。

 

栄養指導というと糖尿病のイメージでしかないのです。(ゴメンナサイ)医師いわく、「自分で食事療法をしても上手くいかないので栄養士の指導を受けたほうが早いですよ」

 

ということで栄養指導を受けました。1日3食の食事内容を細かく書き出して、栄養士さんのチェックを受けてます。

 

コレステロール下がるといいなぁ!!




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る