バセドウ病にかかったら生理がおかしくなりました。

バセドウ病では、いろいろな困った症状が出たり、薬の副作用に悩まされたりします。

 

中には人には相談できないこともあると思います。管理人の場合はどうだったのか?どうしたのか?ということをまとめておきますので参考になさってください。

 

私の場合、当初、飲み薬はメルカゾール6錠からスタートしました。その頃の私は生理のサイクルが完全に狂っていました。

 

 

常な時は26−28日周期で7日間びっちり生理がありました。量も多めで、最初の2−3日は生理痛がひどい状態です。

 

それが・・・バセドウ病を発病したら生理が4日間しかありません。量は少なめ。(いつもの半分くらい・・・汗)生理痛はあるけど鈍痛のみ。周期は21日くらい。(短っ!!!)

 

正直言ってバセドウ病のせいで更年期が早く来て、「生理があがってしまう」と思っていました。 ←ものすごく深刻に悩みました。

 

医師に相談すると「あ〜っ・・・・仕方ないね」と一言。数値が落ち着くまでは仕方の無いことと思い諦めました。

 

私の場合は生理痛がひどい → 鈍痛。期間が長く、量が多い → 期間が短く、量が少ない

 

こんな状態だったので諦めることもできました。だけどもしも子供が欲しいと望んでいる女性だったら物凄く不安に思うでしょう。

 

現在私の病状はとても安定しておりプロパジール2錠(1日)を服用しています。バセドウ病の数値が下がってからは生理も正常どおりに戻りました。婦人科医師の診察も受けましたが正常に妊娠できる状態だそうです。

 

個人差もあると思いますが、根の深い問題なだけに悩んでいる方は、早めに専門医の診断を受けてくださいね。

 




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る