バセドウ病の治療のため、ペインクリニックに通院!

【発症後、約1年5ヶ月】
2003年の9月頃・近所のペインクリニックへ通院

 

バセドウ病を甘く考えていた私は近所にあるペインクリニックに通い始めます。

 

そこは、某有名総合病院の麻酔科部長だった先生が開業した小さな医院。内科、整形外科(肩こり、腰痛などのみ)、皮膚科を一人の先生が診ている医院でした。

 

バセドウ病で金地病院に通院していたことを伝え、血液検査を受けます。検査を受けて実際に通院してみると診療費や検査費用が格段に安いことに驚きました。

 

大病院と開業医では診療費が違うというのは常識かもしれませんが、薬代までこんなに大きく違うとは想像もしていませんでした。
ある意味とてもショックでした・・・・

 

たとえば血液検査

 

金地病院 →約5千円
開業医  →2千500円

 

私が通院していたペインクリニックは医療費が安いことでも、評判が良いため、もしかしたら通常の開業医は、ここまで検査費用に差がでないのかもしれません。

 

ペインクリニックの先生はバセドウ病の患者を診察した経験がなかったようですが、私のために医学書や薬学書を読んで勉強してくれました。

 

私にはそれが頼もしく思えたので、任せて安心くらいに考えていました。それが後に大きなダメージを生むことも知らずに・・・・(汗)

 




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る