開業医(ペインクリニック)でのバセドウ病の治療とは?!

ペインクリニックとは言っても、私が治療を受けていた病院は、先生の専門が麻酔科というだけで、先生がブロック注射好き♪ということを除けばいたって普通の開業医でした。

 

最初は血液検査を受けて、その後はメルカゾールを1日6錠。朝、昼、晩に1回2錠づつ服用しました。

 

先生がブツブツ言いながら目の前で薬学書を読んでいたのが印象的でした。

 

投薬は金地病院と同じでしたが、大きく違ったことは、

 

  • メルカゾールの副作用の説明が無かった
  • 投薬1-2週間後の白血球の検査が無かった
  • 触診が無かった
  • エコー検査が無かった(その病院にはエコーが無い)
  • MRIも無し

 

今、考えるとゾッとすることばかりです・・・
よくこんな状態で治療を受けていたなぁと我ながら無知を感じます。

 




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る