どうやら低血糖症になってしまいました

私は、2002年にバセドウ病を発症し、現在も治療を続けています。

 

実はここ1年くらい解決しない体の不調があって、それは明らかにバセドウ病の症状とは違うものでした。

 

  • 1日中眠い
  • 寝ても寝ても寝たり無い。
  • 朝起きた瞬間から起きてる間中眠い
  • 足が痛い(特に太ももの前側とふくらはぎの下から足首にかけて)
  • 頭痛がする (頭がガンガン痛い)
  • 極度に物忘れがひどくなった (1分前の記憶が無いなど・・・)
  • パンを食べると動悸がする
  • 炭水化物や揚げ物を食べると酩酊(めいてい)状態になる

 

バセドウ病の数値が高かった頃の体の不調に比べれば雲泥の差があり。(もちろんバセドウ病の症状のほうが遥かに苦しかった)

 

これくらいの症状なら、睡眠の質が悪い、不眠症とかそんな感じ??くらいに考えていたのでした。

 

主治医にも相談したのですが、「そういうのをウツと言うんです」「低血糖症?そんなものになるわけないでしょう!」などと言われてしまう始末。

 

明らかにウツとも違う症状で、私は自分の感情はコントロールできます。物事にやる気もあります。行動もできます。

 

でも1日中眠くて、体がだるくて動けなくて、そして頭が痛くて。

 

先生 「だからそういう症状をウツと言うんです!」
私 「明らかにウツのときとは違います」
先生 「自分ではそう思うんですね」
私 「・・・・・」

 

もうこんな会話になってない会話で。
説明するのも嫌になっちゃって。

 

それが先日ふとした時に目にした本→ 「うつ」は食べ物が原因だった! 図解でわかる最新栄養医学

 

 

これを読んでビックリ!
私のことが書いてあると思いました。

 

タイトルに「うつ」と入っていますが、要はうつ症状も低血糖症から来るものがある。ということで、全体的に低血糖症と食事の関係のことが書かれています。

 

もしかしてバセドウ病って低血糖症になる前の序章だったの??そんな驚きもありましたが(この本にはそこまでは記述されていないです)、やっと、いろいろなことが結びつき始めました。

 

今は、食事療法とサプリメント摂取を始めました。随分と改善したとは思いますが、この先もずっと食事療法を続けないといけないでしょうし、もっともっと低血糖症に関する勉強をしないといけないですね。

 

 

サプリはアメリカ製がおすすめです。日本製では含有量が少なすぎるからです!

 

ここのは安くて高品質だし、対応が丁寧です。アメリカから送ってくるので手元に届くには1週間くらいはかかりました。

 

短期間ですが、本当に良いと実感したので3回もリピしています。

 

ひょんなことからバセドウ病&低血糖症の闘病記になってしまいましたが、こちらで低血糖症の食事とサプリ療法についても書いていきますね。

低血糖症について記事一覧

ついに低血糖症の検査を受けてきました。なんで、「ついに」という表現なのかというと、低血糖症ってアメリカでは病気と認められているのに、日本では病気として認められていないものなんです。つまり、診察や検査などが自費なのです。(ほんの一部だけ保険がきくらしいです)すごく足踏みしてしまったのは、低血糖症の治療を受けている、いろいろな人のブログなどを読ませていただいて、みんなが書いている検査費用とサプリメント...

バセドウ病になると自律神経が乱れて、それで苦しい思いをする方も多いとおもいます。で、自律神経が乱れると低血糖症になりやすくなるらしいのです。(病院での説明です)自律神経って簡単に乱れてしまって、たとえば夜更かししたり、朝いつまでも布団の中で寝ていたり。休みの日に夜遅くまで起きていて、翌朝起きられなくて昼まで寝てたり。たったそんなことぐらいで簡単に自律神経は乱れてしまうんだそうです。やっぱり人間は夜...

バセドウ病から低血糖症を引き起こすことがあると以前お伝えしましたが、低血糖症と言っても種類があります。ひめのともみ(姫野 友美)先生などのTVに出演している有名な医師やが書いた本などにある低血糖症とは、機能性低血糖症などのことが主に書かれています。これに対して、バセドウ病が原因で起こる低血糖症は、症状は似ていますが原因が少し違います。以前このHP内でも書かせていただきましたが、私の低血糖症はこれで...




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る