バセドウ病(甲状腺機能亢進症)の原因

ではなぜ甲状腺ホルモンが過剰に作られるようになるのかというと、それは甲状腺を異常に刺激する抗体が自分の体のどこかで作られてしまうからです。

 

この抗体が甲状腺を休むことなく刺激して甲状腺ホルモンを過剰に作らせてしまいます。

 

しかし肝心な「なぜ自分の体内で自分の体を攻撃する抗体が作らるのか?」 という点については未だに原因は解明されていないのが現状だそうです。(涙)

 

近親者、特に女性の場合は母親がバセドウ病だと自分もバセドウ病になる確率が上がると言われています。

 

私も主治医から「お母さんもバセドウ病でしたか?」と聞かれました。しかし私の母親はというと健康優良児で病気知らずです。(笑)

 

一説によると、過剰なストレスがバセドウ病を引き起こすとか、ヨードを多量に摂取するとバセドウ病になるなどとも言われていますが、残念ながらどちらも真相は解明はされていません。

 

現代病という言葉で片付けてしまうのは悲しいですが、原因究明される日はそうそうやってこないのではないか?と思います。

 

それよりもこういう原因不明の病気で苦しむ方は近年増えています。だから少しでも症状を軽減できる新薬の開発などに期待をしたいと思います!

 

ちなみに私はヨードをたっぷり含む食品が大好きです♪めかぶ、昆布、もずく、ひじき、とろろ昆布、海苔などなど!!

 

私の場合は大量のヨードを含む食事&ストレスがバセドウ病になった原因かな??なんて思うんですよね。

 

あるとき医師にこう聞いてみました。

 

私: 「私がバセドウ病になったのは昆布の食べすぎが原因でしょうか?」 医師:「そんなわけないでしょ。バカなことを言わないでください!(怒)」

 

こんな返事が返ってきてしまいました(^_^;) 汗

 

バセドウ病の原因っていろんなことが言われていますが、結局はまだ解明されていないようですね。真相はいかに??

 

 




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る