バセドウ病の怖〜い合併症に気をつけて!

バセドウ病の合併症にはこんなものがあります。
結構重大な病気とかあったりして怖いです。

 

心不全・不整脈

 

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されていると、新陳代謝も異常に活発化し、その結果、心臓も過剰な働きしてしまいます。 心臓に過剰な負担がかかると不整脈や心不全を起こす原因となります。 このためバセドウ病が安定するまでは運動は禁止です。

 

高血糖

 

バセドウ病によって食事の吸収がよくなるため、
食後に高血糖になり尿に糖が出る症状です。バセドウ病の治療によって解消すると言われています。

 

甲状腺クリーゼ

 

ほかの病気で大きな手術を受けた場合など、体が強いストレスを受けると甲状腺クリーゼという症状を引き起こすことがあります。 症状は高熱、激しい頻脈、下痢、滝のような汗、意識不明になる場合もあるそうです。

 

甲状腺中毒性・周期性四肢麻痺

 

男性特有の症状だそうで、寝起きに手足が動かなくなる症状です。

 

数分から数時間で自然に消えるが、バセドウ病が安定してくるまでは、何度も、もしくは毎朝この症状に悩まされる場合がある。一般には男性にしか起きない症状と言われていますが、実は私はこの症状がありました・・・。いちおう女性ですけどもぉ・・・(+o+)

 




【免責事項】 このホームページでは私のバセドウ病の闘病記を公開していますが、管理人は医師や看護婦などではなく一般の患者です。このホームページは何かの医療行為を推奨するものではありません。また、私の受けた治療法や食事療法・対策などが全ての方に同じ結果をもたらすというものではないです。あらかじめご了承ください。

 
トップへ戻る